プロミスでお金を借りるときの審査はどうなっている?

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融のプロミスについてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、消費者金融のプロミスの一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融のキャッシングと銀行のプロミスのカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行プロミスのカードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されプロミスのカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規プロミスのカードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のプロミスのサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

お金を出資してもらうことができるプロミスなど消費者金融には銀行以外だと消費者金融のプロミスやクレカ等があります。

プロミスなど消費者金融はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較するととはいえ、中には金利が高い銀行プロミスのカードローンもありますのでまんざら消費者金融のプロミスのほうが高金利とは言えません。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融のプロミスやクレカ会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融のプロミスの違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

普通、消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

一方、銀行プロミスのカードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行プロミスのカードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

プロミスのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

消費者金融のプロミスは借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行のプロミスのカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料だったりするので、銀行プロミスのカードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがプロミスのカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためプロミスのカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融のプロミスですがその審査能力は優れたものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行プロミスのカードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融のプロミス業者のほとんどは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

プロミスのカードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、プロミスのカードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

参照:プロミス借りても大丈夫?【実際に借りてみた私の感想】